町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクセミナー2010-22 水転写紙を使い立体物に転写
水転写紙を使いコップや立体物に画像や文字を転写してみました。シルクスクリーンで画像を写真製版しアストロインクを使いはじめに水転写紙に色を刷り乾かす。そのうえに画像全体にアストロコートのメジュームをベタでする。乾燥させる。水の入った容器を用意し、そのなかに画像の刷られた水転写紙を入れる。2分ぐらい刷ると刷られた画像とアストロコートの透明なメジュームの膜が紙からはがれてくる。それを手際よくコップなどに移す。紙だけスライスして
画像と膜だけをコップに残す。ここを慎重に。きれいに伸ばして空気の気泡を除いて数時間乾燥させて膜だけをはがすと印刷された画像だけがコップにのこり転写される。水転写紙は、切手と同じデキストリンというでんぷん質ののりがコートされていて、水に浸すととけて画像の膜がはがれる原理。平面の立体物には、直接版をあて刷ることが出来るが、曲面は、むりで転写紙つかったり、いろいろな方法で印刷します。粘土に刷って石に転写してみても面白い作品が出来ます。商品にするには、このあと高い温度で熱処理をします。とにかく水から画像の刷られた膜がはがれすばやく立体物に移すときの集中と興奮は、楽しすぎます。あしたまでゆっくりまって自然乾燥させて幕をはがしたときの嬉しそうな顔がうかんできます。
tensha1.gif
水の中の画像の刷られた転写紙
tensha2.gif
コップに慎重に画像の刷られた膜をはる
tensha3.gif
コップの上に刷られた友達の絵と透明な膜
スポンサーサイト
練り台の上のインク
今日の作業で、油性のQセットインク(プロカラー)の全色の残り具合の確認をする。金赤とボタンのインクが残り少なかった。紺のインクは、固まっていたので湯煎して使い易くテトロンで濾してもどす。明日のセミナーの準備は、大事な仕事でした。転写紙、アストロインクの確認をする。どんなイメージで制作するか楽しみです。
インクと練り台
s1.gif
インクの練り台
中田の旅
テレビのむこうで中田が生徒の質問にたびをする理由をきかれて、たくさんの体験ができることと答えていた。じぶんで考えて自分で決めていくことが大事といっていた。サッカーをしているときからの熱烈なファンで、やめてからも気になる人間ですね。

i macをとうとう買ってしまった
i macを買いました。adobeのcs4のcreative suit4/design standardとオフィスマックのソフト、アカデミック。
ペンタブレット。finepixel z300の小型のデジカメ。2年のローンで。慣れるまで大変。ゆっくりやろう。
ホームページのリデザインやブログの立ち上げなどパソコンにずっと向き合っています。ホームページビルダーは、
マックにはバラけて出てくるし、整合させて作り変える事の繰り返し。印刷とデザイン、シルクの事、ウォーホール
以降のこと、向井先生の本もゆっくり読んで、聞きたい事をまとめること。4月から大学のシルクスクリーン演習が始まります。アイコンのように使います.
リデザインしたホームページのアドレスは、
http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
です。町田のシルク工房から
水島さんの個展
昨日から水島さんの個展が新百合ヶ丘にあるギャラリー華沙里で始まりました。オープニングなのでいってみたのですが、具合が悪く早めに帰ったとの事でした。作品は、すべてが展示できないほどでガラス絵から版画や、油絵のタブローなど横ずめにしてありました。仏というタイトルで開かれていました。水島さんなりのかたちがそこにはあった気がしました。登戸の多摩シティカレッジを主宰してるときに日向あきこサンの紹介では30年前ごろはじめてあったときからのつきあいです。日向さんと一緒に見た気もしました。元気で回復することを祈るばかりです。
mizusima.gif
水島さんの個展にて2010 3/20
金属のプレートには、ナツダの59シリーズ
青山さんからの連絡でナツダ社製の59シリーズのインクを届ける。
アルミのプレートのネームをクロで刷るのにインクの問題かなにかでうまく刷れないとの相談があり出かける。
スキージーもエッジが丸まっていてこれではきれいに刷れないし、インクもすこし劣化していたかも。とりあえず
酸化重合タイプの59インクでうまく刷れる。ドライヤーを5%ぐらいいれかわきをはやくして一晩置けば強い皮膜が出来とても強い印刷の表面ができる。発色もよく、グロスのインクで金属の上や紙にも刷れます。ナツダ社製のインクは、どの種類も質がいいが、輸入品で高すぎるのが難点。日本のインクよりも2~3倍します。59シリーズのインクは、灯油で溶ける。そこもとてもいい。できるだけ石油系でも灯油で溶けるインクは、身体にもいい気がする。
kan.gif
ナツダ社製59シリーズインク(NAZDA)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

仕事場の看板と入り口の草花
kanban1.gif

仕事場の看板です。
春の草花も迎えてくれています。
サラダ菜やさやえんどうの種もまきました。
ここ二ヶ月ぐらいホームページのリデザインとブログの
立ち上げのデザインを試行錯誤していました。
ようやく形になり次にいけそうです。
hana1.gif

テーマ:日記 - ジャンル:日記

工房の中に主役の刷台、ごくろうさん
b全版の刷れる刷台
仕事場の中心にb全判の大きさのサイズの作品が刷れる刷台があります。
20年以上の付き合いです。刷るときにバキュームがかかり紙と版がはなれやすくなり
きれいに刷れます。手で刷ります。半自動の刷台です。
ありがとうながいあいだ、そしてこれからも。
インク棚とスキージ

油性インク、水性インク、蛍光インクなどのインクの棚とスキージ
リンゴの作品
今、リンゴの作品を制作しています。
水性インクのCMYKのインクで4色で刷っています。
網の線数を変えながらリアルなリンゴを制作しています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

シルクスクリーンの版画工房での現場から
町田市の七国山の中腹にあるシルクスクリーンの版画工房の現場から作品制作の様子、生活風景、いろいろと気楽に
楽しみながら、風に乗せて伝えたいと思います。すこしずつゆっくりと行きます。よろしく。

e_03.gif

テーマ:日記 - ジャンル:日記



プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。