町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇へ捨てられるインクのビジョン
blue1.jpg

今回は、インキを思い切って捨てようとおもった。
使わずに、いつか使おとおもってとっておいたすべてのインクをすてようと。
NAZDA社製の9000シリーズのインク、透明度の高いプロセス用のインキで重ねるとハーフトーンのインキではないのに重なってキイロと青でグリーン、深いブルーも重ねると更に深いブルー、更に色を重ねると光の中にボーと重なったイメージが浮かび上がり、原初的なプリミティブな色彩体験にくらくらした。100枚ぐらい色を重ねて重ねて頭がふらっとして、神経や細胞が解けていきそうで、ヤバイなとおもっても興奮して制作作業していました。20数点個展の会場に並べました。版は、目止め液ですべて製版し、製版しては、水で落とし、筆で描いて製版し、興奮しながらくさい匂いの中でこれだけやったら二度とやらないと決めてナツダの9000シリーズのインキのプールの中で溶剤にまみれ作業していました。死ぬかとおもうくらい同化していた。予期できないところへ連れて行かれ、外に飛び出しては、逃げていた。裸で麦畑を飛んで走ったように。その畑の両側は、こんなブルーな景色に見守られていた気もする。久しぶりに30年ぶりだろうか、そのいのちにようなインキにあった。
1クオーターは、1.5~2キロは量の多い色にばけたインキの塊は、心臓の塊のようでした。
新聞紙におもいきってすべてインキべらでこすりだし、なすりつけてくるんで、えんびのびにーるの袋に入れしみこまして封じ込めて燃えるゴミとして捨てよう。何色も何色も捨てて捨てて梱包する。
記憶の中に沈殿するように青や、赤、パームレッド、匂いも身体に染み付いて、なんてやつなんだろうとおもいまがらいい気持ちで作業をつづけた。


blue3.jpg

インキは、とにかくよく練られていて、3本ミールだろうか、押しつぶされた押しつぶされて顔料と、べヒクル、添加剤が印刷適正を高めるように製品化されていて、手でこねて混ぜ度合いはるかに超えてよく練れていた。

blue4.jpg

インキの缶のそこは、インキでさびていた。犯されていて強い化学反応の中で何かが進行していた。
そこをみると、クリーデンス・クリアーウォーター・リバイバルの雨を見たかいがロックのリズムに乗って延々と軽快にビートのきいた音で流れていた。ビジョンをみたいと思った。風の中のインディアンのように。



red2.jpg

赤は、パームレッドか、ウォームレッドとにかく気になる赤は、光ではなくて血にちかい。サラサラではない、どくどくしい狂気と驚喜。疾走する赤いウサギのビジョン。

green1.jpg

谷は、深緑。炭酸同化作用のできない緑の葉の化身。身体に塗らずに捨てよう。
やさしいいやしの緑は、光にも透けないで裏切らずにそこにいてくれた。
消えたホタルのビジョン。

black1.jpg

黒は、漆黒の黒とカラスの羽のようなツヤノある黒、闇よりも黒い黒をなんども何度も重ねて深い黒があるとおもうと裏切ってくる。黒の向こうにある黒は、幻想。黒の上にある黒は、にぶい艶をうかべてあざ笑ってくる。いつももっと黒い黒をもとめて黒い闇への旅をしているようだ。この世の中にあたかも本当の黒があるような錯覚に出会うために。あきらめきれない夜と闇のなかを自由に飛び交う一羽の鳥のように。

blue5.jpg

食べきれないとおもった。そんなに食欲も性欲もないとおもった。誰が食べるのさ、こんなに熟れた果物は、一生に一度食べればいいと思った。今は、捨てようとおもった。こんなに準備の出来たサプリメントは、僕にはいまいらない。内臓のような青い塊は、よく練れていて、くさってもいなかった。いつも準備をして、そっと部屋の隅で
待っていたのに、薄情な自分だなとおもった。そんなに精神は、充足してはいないのに、どんなつもりと聞こえてきた。

can.jpg

空っぽになってもなにかがのこっている。

今日も暑い。
狂ったような暑さ。
汗が流れてくる。
ラジオから大きな音で曲が流れている。
2011の8月の夏。
明日は、朝早く起きて、散歩をしよう。

スポンサーサイト
小林翼+長谷川加奈展に衝撃
tubasa1.jpg

小林翼さんの個展にちかいここ1~2年の作品展が3331chiyoda art cennterの2回のギャラリーで開かれていた。最初は、月曜日が休みだとはしらず画廊は、しまっていた。中は、薄暗く静かだった。目を凝らしてみると
凄みのあるなにかがそこにいる気がした。ざわざわとしてきてそのうす暗がりにすいこまれるようにしばらくじっとみていた。なんか、おもしろそうな不思議なしみのようなものがやきつき、またこようとおもった。
したでひらかれているデザイン系の展覧会は、なにかとても盛況で活気があった。基礎デの卒業生もばったり会ったりした。

tubasa2.jpg

日を改めてギャラリーに来てみると、小林さんの作品は、もうひとつ深く現象化され表現されていた。
もっとこだわりのない、境目のないあいまいな世界に踏み込んでいた。版からも解き放たれてそこの表面の現象の世界で何かに触れていた。素晴らしいと思った。きわどいところできわどい制作をしているとおもった。
版画にこだわらず版の持つそれ自体の物質性と非物質性、境界性、時間性、空間性、アウラ、様々なものがいい感じで生動的で内的な緊張感の中で現象化されて産み落とされている奇跡を感じた。ここに現れている現象、形、イメージは、何なんだろう、なんでもないものなんだろうか、僕らの生の痕跡は、こんなうすい皮膜のあらわれのなかで感じた感覚の何かには、共鳴するのですが、実体のないものや、みえないものは、やはりからだが知覚し触れるものに大事なものがあるような気がしました。

7-28-3.jpg

違う壁面には、全く対照的な作品が飾られていた。
大学版画展で異質なにおいを感じていた作品がそこには、あるではありませんか。
長谷川加奈という人で、その表現の生動的な、エロスの匂いのする木版画を中心とする作品でした。
作品は、吸い込まれるように魅入ってしまった。いい作品だとおもいました。好きだナーとおもいました。
自分や自身を表現のモチーフにする事は、大変な事で、大変な覚悟いって、生き様まで感じてしまい、そんないさぎよい表現が版画をとおすことですこし違う世界にいってくれているのだと思う。
自分の顔や、身体を被写体にしてモチーフにして対象化できるだろうか。
表現されているポーズ、毒のあるエロス、生存在は、こんなに抱きしめたくなる暗部や、陰部をあらわにして、いとおしく狂おしい生を生きている気もします。すごい好きな作品でした。
頑張って制作つずけてほしい。

7-28-5.jpg

7-28-4.jpg

水性インクや乳剤を落としては洗い流し、乾燥しかけたアクリル樹脂系の水性インクは、水には、簡単には溶けていかない。固まったものは、つまりの原因になり、取り除かないといけない。ホーローの壁面にへばりついた洗い切れてないインキ

7-28-1.jpg

ミュウとすみれの行方がきになって眠れなかった。
4時半ごろ目を覚ます。腰の腰痛が気になって身体を横にしてまた眠りに入る。
盆踊り大会の準備と後かたずけでかなり腰には、疲労が溜まっていたのかもしれない。
1日は、会社から工場と結構あるいた。引越しもあり疲れが出たのかもしれない。
今日は、引越し先を町田の木曽にある物件に決めてくる。
ブックオフに明日要らない本を売る手続きをする。
ダンボールに要らない本をつめる。ほこりをかぶった焼けた本やらヒッピーややさしい時代のカウンターカルチャーの様々な本たちを、おもいきって梱包する。パイクのカードも捨てたいけどしまってしまう。横尾の本ももういいかなとおもうが中を開くとついしまってしまった。とてもこんなものは、買わないなとおもいながら僕には、必要なものとして残してしまう。


7-28-2.jpg



プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。