町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TALKING STICK/トーキング スティック
bou1.gif

bou2.gif






TALKING STICK/木の棒/トーキング スティック

これは、ネイティブアメリカン(インディアン)のトーキングスティックではありませんが、刷る時のシンプルな大切な道具。
木の棒は、インキを返して刷るときにスキージーを版の上で支えるときに使う。
版の両サイドに木の棒を渡し布テープで固定する。刷るイメージの画像などの近くにスキージーをおいておく。
スキージーは、上から下へ手前にひいて刷る。スキージーをいつもインキを返したときにこの棒に保たせかけておき、紙をセットし、版を下ろしスキージーで刷る。


This is not a Native American (Indian) at Talking Stick, but it is an simple important tool when i used to print.
Wooden stick is used on the plate when the squeegee support when returning to the ink.
Cloth and tape, passing a wooden stick on both sides of plate. Aside, such as the squeegee close to the image of the image.
I uset to print to pull the squeegee from top to bottom. Over every time we held this rod always returns a squeegee ink, we used to print with squeegee down version.

スポンサーサイト
screen/紗
screen1.gif

screen/紗

シルクスクリーンで刷る版を作る場合、通常は、アルミのフレームにテトロン、ナイロン、絹を上下左右同じ張力で強く張ったものを使う。手で張ることもできますが、機械で均等にたるみがないように強く張り、接着剤で固定する。木枠のフレームもある。アルミより廉価ですが、製版時に水を使うので歪みやすくアルミのフレームを使いスクリーンを張ることをすすめる。
アルミの枠のサイズも刷る版の大きさによりそろえる。アルミの枠の巾も20mm,30mm,40mmとある。
写真製版には、テトロン、ナイロンを張り製版する。
テトロンの場合、メッシュは、70~300メッシュまであり、細かい文字や線、網点の製版の場合は、目の細かい270~300メッシュを使う。布へ、水性インクなどで刷る場合は、70~150メッシュの目の荒いスクリーンを使う。ナイロンも100~330メッシュまである。通常は、225~250メッシュのスクリーンを使う。
写真製版は、このスクリーンに感光乳剤をコーティングして乾かし、紫外線で露光や焼き付けする。
刷り終わったあとにインクや溶剤をきれいに拭き取り、洗剤で油分を取り、R2(薄膜液)で感光膜を落としスクリーンをクリーニングして目がつまってないか確認する。つまっている場合は、再生液などでクリーニングして洗剤で洗い、乾かし、はじめて、つぎの製版のために感光乳剤をコーティングする。版のクリーニングがきれいで、版を破かなければ何回でも使える。経済性を考えた場合、とにかくきれいに版を洗うことがとても大切。
アルミの枠は、サイズにより値段が違う。外寸66cm×76cm,内寸60cm×70cmで2,200円。
テトロンは、250メッシュで1m巾で2,030円。これに機械張り代が3,000円位でしょうか。
このサイズのアルミ枠に250メッシュのテトロンを張ってもらって6,500円位する。
絹のスクリーンは、写真製版にはむかないが、熱に強いのでニス紙で製版するカッティング製版には、使われる。
シルクスクリーンの由来は、初めは、絹のシルクのスクリーンにニス紙のカッティングによる製版が中心で、ここからきてると思います。
シルクスクリーンの版画の技法は、このスクリーンをとうして、印刷インキが下に出るところと出ないところを作る印刷技法です。インキが出るところは、孔(あな)となり、スクリーンをとうしてインキが下の紙などの被印刷物に孔をとうして絵や画像、文字が印刷される印刷方法です。もとは、布への型紙などを使い図柄をうつし込んでいた型染めなどが孔版の印刷技法だと思います。それが紙への印刷に応用されていったと思います。



screen/紗

If you make a silk-screen version that is usually, Tetron aluminum frame, nylon, silk use the same tension sides strongly stretched . You can put in hand, a strong tension evenly so there is no slack in the machine and secure it with glue. Some frames of a wooden frame, aluminum is less expensive, we recommend that you put up a screen using an aluminum frame so easy to use water during reproduction distortion.
Prepare according to the size of the version that the size of the aluminum frame. Aluminum frame 20mm width, 30mm, term 40mm.
The photoengraving, the tetronic and Prepress covered with nylon screens.
If Tetron mesh has 70 to 300 mesh, fine text and lines, if the reproduction of halftone dots, use a fine-mesh 270-300. To the fabric, such as water-based ink if you are used to screen 70 to 150 mesh weave. There are also nylon mesh to 100-330. Typically, use of 225-250 mesh screen.
Photoengraving, the emulsion is coated with dry this screen, then baked and exposed with ultraviolet light.
Wipe clean the ink after printing finished, remove the oil with a mild detergent, R2 (thin liquid) down the photosensitive film. Make sure the screen mesh is not clogged. If the screen is filled with mesh, washed with detergent solution to clean, such as reproduction, dried, first, and then coated with emulsion for the next reproduction. Clean is clean version of the screen, the screen can be used many times as you tear. Given the economy, is very important to wash clean version anyway.
The aluminum frame has different prices depending on the size. Outer dimensions 66cm × 76cm, 60cm × 70cm 2,200 yen at the inside dimension.
Tetron is 2,030 yen 1m in width at 250 mesh. What about 3,000 cars covered in this machine.
It got stretched to about 6,500 yen to 250 mesh aluminum frame tetronic of this size.
Silk screen, the photo is suitable for engraving, the engraving on paper cutting varnish make up a strong heat is used.
First names are also silk screen, engraving by cutting paper with varnish mainly using silk screens and come here.
The origin of the silk-screen, first, by cutting the paper in the center of the plate making silk screens silk varnish, I think I came here.
Silk-screen printmaking techniques through this screen printing technique to create a place to go out and just go down the printing ink. Where the ink out the bottom holes (and there), and through a hole in the printed pictures and images under the lower ink and paper through a screen printing method is that they
are printed. Originally, I think stencil printing and stencil dyeing technique was used into transfering the design to the fabric and pattern. It went to the printing paper is applied to it.

LARGE INK CAN/4KG_大きいインキの缶
IMGP1032.gif

LARGE INK CAN/4KG-大きいインキの缶

シルクスクリーンのインキは、1キロ缶の他に4キロ缶のインキもある。
刷る枚数や大きさにより大量のインキが必要な場合は、注文する。
シルクスクリーンのインキは、他の印刷よりはるかに刷るインキの料は、多めに必要とする。

Silkscreen ink, the ink can also in addition to 4 kg per can kilogram.
If you require a large amount of ink according to the size and number of copies will be ordered.
Silkscreen ink, the amount of ink to print than others, need to be tolerant.
STOP-OUT SOLUTION/目止め液
IMGP1003.gif

STOP-OUT SOLUTION/medomeeki/目止め液

スクリーンの孔をとめる(うめる)水性の樹脂系の溶液

製版後の修正と目止め液による製版法で使う
-----ブロッキング法、ブロックアウト法-----------------------

シルクスクリーンのプロセス用の目止め液です。
写真製版後の版のムラ、ピンホールを筆で修正したり、色インキが出ないようにベタや、ドローイングの線を描いてインキのでないところをつくります。間違えても水で拭いて落とせるので製版には、かかせない便利なものです。ボンドみたいに白く乳濁していますが、乾かすと透明になりバケットを使い版にコーティングしたり筆で作業します。油性のインキで刷る場合は、この目止め液だけで刷る版が出来ます。版に直接にコーティングしてベタ面や筆でドローイングして版をつくります。この製版を目止め液によるブロッキング法、ブロックアウト法と言います。水性インキを使う場合は、目止め液の代わりに油性の樹脂など使いベタや、描画してブロックし、インキのでない面を作ります。
目止め液は、シルクスクリーンの製版でのプロセスの材料ですが、スクリーンに筆などで直接描画できストレートな強い表現が出来る。僕にはかかせない表現方法を発見させてくれました。

This stop(fill) the hole in the screen, an aqueous solution of acrylic resin.
this stop-out solution mainly corrected plate after photoengraving and plate-making method used this
-------Over blocking methods, blocked-out method--------------------------------

The first stop-out solution for silk screen process.
Brush or pinhole corrected in a later version that photoengraving, and so there is no solid ink color, not just make a line drawing ink drawing. The plate making it one would be wrong to clean water is indispensable convenience. Emulsified and white like the bond and work with a brush or use a bucket becomes coated with a transparent version and dry. When oil-based ink is just a version that can stop this solution. Making the version by drawing with a brush to coat solid surfaces or directly to the plate.By prepress solution to stop blocking the first method, the method is called block-out. When using water-based inks, such as drawing solution oil-based in place of the liquid oil stopped drawing solution to make the surface of the ink is not.
Medomeeki Stop-out solution is the material of the plate making process in the silk screen, can be expressed such strong Straight brush can draw directly on the screen. For me let me know how to represent indispensable.


PHOTOSENSITIVE EMULSION/感光乳剤
emulsion.gif

genzouset1.gif

PHOTOSENSITIVE EMULSION/感光乳剤

シルクスクリーンの写真製版は、スクリーンに感光乳剤をコーティングして感光膜を作る。
乾燥してから紫外線をあてて製版をする。
紫外線があたったところは、科学的に乳剤と感光材が硬化して膜をつくる。
紫外線のあたらないところは、水で現像すると洗い落ちて孔ができる。
刷るところが孔のところになり印刷できる版ができる。
現在、ほとんどの感光乳剤は、公害のことがあり、ジアゾタイプの感光剤を使う。
大きく分けて、油性インキを使う場合は、耐溶剤性の感光乳剤AZO-FIX 101、水性インキを使う場合は、
AZOCOL Z-1を使います。
AZOCOL Z-1は、耐溶剤性の版にもなり両方で使えて便利です。
AZO-FIX 101は、現在、2,100円、AZOCOL Z-1は、3,360円です。
1パッケージに乳剤、感光材、着色剤の3点が入っています。これを容器にいれすべて混ぜます。
感光剤は、粉末で、100CC位の水によく解いて使います。
すべてをよくかき混ぜて感光乳剤が出来たらバケットを使い版のスクリーンにコーティングします。
使わない感光乳剤は、冷蔵庫などの冷暗所に保管します。
暖かい部屋に置いとくと化学変化がすすみ乳剤が劣化します。
3点が混ぜてない場合は、そとに保管しておけます。
1KGの感光乳剤でB全版の版が15~20枚はコーティングできます。
下の写真の道具は、感光乳剤と感光乳剤を混ぜるプラスチックの入れ物、ヘラと長い木の棒、
汚れを拭き取るスポンジです。

PHOTOSENSITIVE EMULSION

Silkscreen Photoengraving , make a film coated with photosensitive emulsion on the screen.
Devoted to the reproduction by ultraviolet light from the photosensitive dry film.
I hit the ultraviolet light, make a film emulsion is cured photosensitive material scientifically.
UV light exposure we can develop holes and wash down with water.
Printable version may be just a place to hole.
Currently, most of the emulsion, the pollution may, using the diazo-type photosensitive material.
Broadly speaking, if you use oil-based inks, AZO solvent-resistant emulsion-FIX 101, if you use water-based inks,
AZOCOL Z-1 is also conveniently be used in both solvent-resistant version.
AZO-FIX 101 is now \ 2,100, AZOCOL Z-1 is 3,360 yen.
Emulsion in one package, the photosensitive material, contains three of the colorant.
Mix all of this container.
Photosensitizing agent is a powder used to solve the water as well 100CC.
The coating on the screen version of the emulsion using a bucket once you have everything.
Emulsion is used, stores it in cool, dark place such as a refrigerator.
Degrade the chemical changes proceed emulsion at a warm room.
If no mixing of the three points, and can leave it in its stores.
15 to 20 pieces larger plates can be coated with emulsion of 1KG.
Tool in the picture below, the photosensitive emulsion,plastic container mix the emulsion
by those Heras and the long wooden stick, the sponge wipe the dirt off.


2012年の始めに
2012年の始めに
今日、1月1日の朝、7時頃起きて雑木林を散歩する。
朝の空気は、すがすがしい。
体の芯がつめたくなってくる。
イチョウの朽ちた葉が道を埋めている。
草の匂いがいい。スーと体に入ってくる。抱きしめたくなる思いにかれる。
いろんな想いが風や空気と混ざって体を吹き抜けていく。
仮設住宅でこの冬を過ごしている人は大変だろーなーと思う。
生きている人の一人一人の体と心に冷たい冬が来ていますね。
こうして歩いていると感じてくる。
身も心も軽くしてシンプルにしていこう。
体を動かす不便な生活をもっと取り入れよう。
激しく熱く表現しよう。伝えよう。
深い愛情を生きていこう。
一日一日がとても大事ですね。
歩いていると空っぽになって何かがすっと入ってくる。
何も言わない植物や木々のとてもやさしい思いが入ってくる。
かすかに揺れているのもいい。

渡部広明
watanabe hiroaki





プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。