町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスカラーの布の色見本
クロスカラ1

kurosukara-3.gif

 クロスカラ2

クロスカラーの布の色見本を作りました。

5cm巾で1mの綿の生地に水性で布用のクロスカラー/13色の色見本を作りました。
クロスカラーのバインダーに顔料をいれて色を作りました。
色は、赤、紅赤、牡丹、青黄、黄、茶、浅葱、青、紺、紫、緑、黒、白です。
裏にメジャーを刷りました。丸めるとコンパクトになります。
江口孔版においてもらおうと思っています。
値段は、1,500円です。


スポンサーサイト
布への刷りmiki.s
sima3.gif

sima2.gif

布への刷りmiki.sの作品

上は、タマネギをモチーフにした4面パターンのプリントで始めてのm巾のシルクの作品で緊張しながらも、楽しんで作業していた。色使い、かたちがいい。
色やかたちが刷り方でつながっていきそれが布であるところがしわができたり、洋服やバックのかたち、カーテンなどの機能性がつぎの楽しみにつながることがとにかく楽しいらしい。
次の鳥をモチーフにした作品は、さらに暖めていたかたちと色がいい、身につけてふくらむイメージのなかに楽しさがとけ込んでいるみたいで、布の生地とのいろあわせもいい。
膠/にかわを刷る
maki1.gif


maki2.gif


膠をつなぎにして刷る

水彩の水と顔料、アラビアゴムのつなぎ、膠と顔料と水の日本画の表現をシルクの表現に取り込もうと一日様々な試し刷りをする。ベタの版をとうしてすることをベースに滲み、顔料、水性の紙のテクスチャー、水性メディーム、マットメディーム、水彩絵の具、油性のマットな表現。
ガラスの中の赤い色剤は、膠を湯煎しとかし、水干顔料の小豆茶のすこしさましたゼラチン上の液体です。
これでシルクの版をとうしてベタを刷る。
膠に溶けた水干顔料の赤い色は、はじめてみる。
渋い深みのある魅力的な色でした。
右上は、膠+水干顔料+水、右下は膠+水干顔料+水+水性メジューム+消泡剤
左上は、水性メジューム+水性マット剤+水干顔料、左下は、油性メジューム+油性マット剤+油性顔料
右上の赤いベタの表面は、顔料が膠に分散して泡上の気泡のムラが出たのですが、かわくといいテクスチャーが
出来ている。面白い。


プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。