町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクスクリーンで刷る水転写紙の魅力
tennsha1_1.gif

tensha4_uno_2.gif

tensha7_2.gif

tensha8_2.gif

tenshahoujyou 1_2

7/15 水転写紙で泳ぐ 海の日
silk_kisodeno のメンバーがシルクスクリーンの転写紙の演習
タナカケミカルのアストロインキ、アストロコート、アストロ溶剤を使い転写紙に文字や画像をすり水の中に乾いてから泳がす。30秒位でアストロコートのメジュームが画像と一緒にはがれういてくる、それを素早くコップなどにスライドさせて転写する。空気をぬいてしっかり密着して乾燥する、数時間してから、膜をはがし像や文字だけを残し熱を当て完成する。
粘りの強い独特のインキで、プチセロ、Nブタノールが成分で、糸を引きまとわりつくインキは、生きもののようだね。青いグラスのむこうに転写された文字の作品は、美しく魂が響いてくるようです。
水が入って拡大するむこうのありと砂糖の作品もものがたりがあっていいですね。
水の中にしずみこれから文字とメジュームの膜がはがれて浮かび上がる静かな時間。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/128-c3881d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。