町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の行方/AQUA
mizu1.gif

mizu2.gif

mmizu1.gif

水の行方/AQUA

今週は、「水の行方」の作品を制作中。
ポジフィルム用のマットフィルムにオペークインクで
水の行方を追っている。
水の軌跡を見つめ体験している。
水に溶けた赤茶色のオペークインクは、限りなく透明の水に
薄めることが出来る。水は、蒸発がはやくあたりの気配に
消えていく、蒸発して空気にとけていく。
それを吸って、内部をとうり、手の先にイメージを生む。
その循環が、いい。
限りない、複雑な、そしてシンプルな形を残して。
ようやく何かが同調してきた。
夢中に、集中したあとの沙羅の下の形は、僕のものではない。
ピンクの象。
ムナーリの本。言葉のない本、絵本。
シルクのあたらしい本のプラン。
コンプレックスした状態、ようやくいい感じ。
水の作品は、5色刷り、インキは、
水性インキバインダー、水干顔料藍群青、膠水、水
顔料は、つぶしてシルクの紗でこして使う。
水の川を渡って、向こう岸に着いた感じ。
ここにある始めの作品は、やさしく触れてくる。
ひかりと風にゆれる空気の流れのような呼吸を感じる。
ページをめくるように作品制作をすすめたい。
朝早い雑木林のひんやりとしてかすかな風の流れは、きもちいいね。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/129-97028c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。