町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

art book | picture book|a book of silkscreen|を2年がかりようやく仕上げました。
udongetop1_72_20150220184754c7b.gif


zou1_2_20150220184825159.gif

siruku1.gif

coating1_20150220185139b78.gif

hikari1.gif

develope1.gif

maru2.gif

maru3.gif

maru4.gif

stripe1_20150220184452f6e.gif

stripe2.gif

squeezee1.gif

ink1_201502201847071cb.gif

kouhan1_2015022018463020a.gif

sannkaku1.gif

san2.gif

kan1.gif


art book | picture book|a book of silkscreen|を2年がかりようやく仕上げました。
title:SILKSCREEN for art & design
PRINTING/EXPRESSION
size:25cm×25cm
見開き34ページ、上製本
プロカラー_Qセットインキ
用紙:モデラトーンGA/ピュア 135k,90k
edition:8部
発行:2015年3月1日
制作:STUDIO UDONGE
194-0036 東京都町田市木曽東4-5-30
tel&fax 042-729-1634
STUDIO UDONGE HP http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/index.html

art work/ book design/printing_渡部広明

すべてのページを2年間かけてシルクスクリーンで刷り制作する。
見開きのページをなんどかやり直し、刷りなおす。
絵で見てわかる本に仕上げてみました。
絵やベタ面は、ドローイングしシルクを生かして制作しました。
手に取り触ってみて本の感触とシルクスクリーンの色やインキの匂い、
プリミティブなシルクの表現の何かに触れてみてほしい。
ハードカバーの上製本の造本、製本作業は、奥の深い作業でした。
紙は、のりを使い、そりや、見開きページの合紙、重しをしての乾かす時間、断裁、気の抜けない作業が、
続きました。束の厚み、寒冷紗、花布、小口、ちりなど本の各部分の名称は、それぞれに機能していて
全体で美しい形に仕上がることもあらためてわかり、感動しました。















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/149-1c0c0c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。