町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工房の中に主役の刷台、ごくろうさん
b全版の刷れる刷台
仕事場の中心にb全判の大きさのサイズの作品が刷れる刷台があります。
20年以上の付き合いです。刷るときにバキュームがかかり紙と版がはなれやすくなり
きれいに刷れます。手で刷ります。半自動の刷台です。
ありがとうながいあいだ、そしてこれからも。
インク棚とスキージ

油性インク、水性インク、蛍光インクなどのインクの棚とスキージ
リンゴの作品
今、リンゴの作品を制作しています。
水性インクのCMYKのインクで4色で刷っています。
網の線数を変えながらリアルなリンゴを制作しています。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/2-64bf1d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。