町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピルケース
仕事場に行く途中に「レッド イーグル」という花屋さんがある。
時々店が開いていると吸い込まれるように入っていく。
少しだけお金があると、花屋か、本屋さんへ寄ってしまう。
植木は、10月になると茶色にかれたりやせてきていて、新しい花の苗や、花を見に行く。
ようやくあけたところみたいで、若い夫婦は、なかから花を外へ並べていた。
100円の花が売れのっこってかなり成長していたコスモスを2つ、ほかに花のない草が
色づいているものを買う。店に入るとバリ島やネパールの民芸品が目に入る。
待っていました。あなたを。といわれた気がした。
壁には、バリの森に住んでいそうな鮮やかな鳥の不思議な額絵がこちらをむいて
「クルルル」って鳴いた。水のはいった黒い入れ物に入った切花は、妖しげに
鮮やかな色をしていてドキドキしてくる。とても1本1本の花たちが生き生きとしていて
なにかをこちらに触れてくるように感じている自分がいました。
ふと棚の上をみるときれいなものが目に入ってきました。
「ピルケース」と書いてありました。
「これはなんですか?」
と店の若い女の人に聞いてみると、はにかんだ感じで優しい笑顔で
「かいてあるとおりですよ、薬なんかを入れたり、ピアスや指輪もいれとくみたいです」
といわれ、「え、あのピルですか」とおもわず聞き返していました。
あまりにきれいなので買って帰りました。

piru-case.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/32-c8d7575a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。