町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災支援仙川アートフェアーの報告
東日本大震災支援仙川アートフェアーからの報告です。
当日は、天気に恵まれとても盛況でした。いろいろな作品が展示され、売り上げと義援金の寄付金の合計は、100万円を超えました。ありがとうございました。
5月の風にふかれ舞踏や、生な管楽器の演奏もありでいい雰囲気で人や風が流れていました。
東北地方をおそった大震災、津波、福島の原発事故は、いのちある私たちの生活と、未来におおきな不安と問題を投げかけました。それでも街は、人が生活し、明日の希望の準備をしなくてはいけません。現代の文明社会をあらためてその便利さや、科学的合理性にそれでいいのというおおきな問いをかみしめながら、自省的な文明社会の
大事なものは何なのかをあらためて考えさせられます。
いのちあるものが、生き生きとして共生できる社会や共同体のあり方も問われています。アナログ的な身体や感覚、生態が、デジタルな合理的な科学的なものに還元される社会のシステムや物理的現象にあまりにも振り回されている現代の日常の生活文化そのものを変えていかなくてはいけないと思います。

sengawa3.jpg

sengawa1.jpg

新百合ヶ丘の麻生文化センターでシルクスクリーン研究会のメンバーも来てくれました。11月に作品展が市民ギャラリーでひらかれます。工房のメンバーの作品もかなり売れました。手ぬぐい、バック、tシャツなどオリジナルな作品をならべ座っていました。sさんは、座ってもらって店番を頼んだのですが、すずしいナチュラルな美人だなーとおもいました。loveチャンは、街角の主役でした。興味の持ち方も対話も好奇心と色気も感じさせていました。たのしみだね、これから、ドキドキでした。Tサンのバックとパンツは、なかなかの人気でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/44-3b5f1522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。