町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い紙の記憶
kami1.jpg
丸めては捨てて、カットしては捨てて、ながめては捨てて、こんなに刷った紙、刷り仕損じた紙、後で使うとおもって取っていた紙、白い紙、サイズの違う紙、版画用紙も何年もたつと梱包していても黄ばんできて、カビが一面に生えている。マットサンダースは、少しキイロみのある紙で僕の作品制作では、よく使う紙で、切れ端もよく出る。かきたは、依頼された版画の仕事ではよく使いたくさんの端紙も出る。他の作品制作では、その切れ端のサイズをカットしてよく制作して来た。アルシュ紙は、ほぼ最近は、高すぎて使わない。この紙を使う人は、アイオーと英人と絵本作家の安野光雅ぐらいだろうか、英人は、デジタル作品が主流になりつまらなくなり、アイオーさんも初期のシルクの作品ほど紙にこだわりがあるような感じもしない、安野さんぐらいでしょうか、紙を注文して漉いてもらってる人は。無地の白い紙は、一枚一枚そこにいて語ってくるようだ。
捨てられない作品だけ、捨てられない使えそうな紙だけ残し、古い紙、いらない紙をたばねる。

kami2.jpg

一枚一枚の紙との出合い、触れた感触がよみがえる。
本当に大事にしたのか自分に自問しながら。
こんなに紙に囲まれていて、日常の中の紙のことは、忘れてしまいがちです。
微かな陰影の中で、白黒のシャープな造形性は、影の存在。アールな直線と曲線は、美しい。
言葉も形も色彩も光もその平面性の立体に幻惑される。
美しい女のように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/49-4568cdcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。