町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木のインキベラ
inkbera3P0988-2.gif

木のインキ煉りべラ wooden spatula mix the ink

油性のインキは、インキを煉るときや混ぜるときは、鉄の角ベラや、インキベラ、ペインティングナイフなどを使います。木のインキベラは、水性インキを煉ったり混ぜたりするときに使います。水性インキは、アクリル樹脂製のものが多く乾くとアクリル絵の具と同じように水では落ちない。作業が忙しくいつの間にか落ちてない色の上に色が残りもっと落ちなくなっていい感じで色がついている。これはこれで美しい。ここまでくると、おとしたくない。この木べらを手に取った感触とかたちがよく使いやすい。インキを煉る時の音も静かでいい。
いまこの木のインキベラをおいているお店はなくなってしまった。このインキベラは、記憶をたどると鶴川のの駅前の金物屋で、誰も使わなくなってすみにまとめてあったのを買った記憶がある。今は、どこの店もプラスチックや樹脂製のインキベラしかおいてない。シンナー系や、溶剤系のインキが多くなったからかもしれない。
水性のインキを最近はよく使う。引き出しの奥にあった木のインキベラの出番がまた来るなんてうれしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/55-6ad9b231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。