町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TALKING STICK/トーキング スティック
bou1.gif

bou2.gif






TALKING STICK/木の棒/トーキング スティック

これは、ネイティブアメリカン(インディアン)のトーキングスティックではありませんが、刷る時のシンプルな大切な道具。
木の棒は、インキを返して刷るときにスキージーを版の上で支えるときに使う。
版の両サイドに木の棒を渡し布テープで固定する。刷るイメージの画像などの近くにスキージーをおいておく。
スキージーは、上から下へ手前にひいて刷る。スキージーをいつもインキを返したときにこの棒に保たせかけておき、紙をセットし、版を下ろしスキージーで刷る。


This is not a Native American (Indian) at Talking Stick, but it is an simple important tool when i used to print.
Wooden stick is used on the plate when the squeegee support when returning to the ink.
Cloth and tape, passing a wooden stick on both sides of plate. Aside, such as the squeegee close to the image of the image.
I uset to print to pull the squeegee from top to bottom. Over every time we held this rod always returns a squeegee ink, we used to print with squeegee down version.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/82-752e0db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。