町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水えり子さんの作品との出会い
清水1-1

清水2-2


武蔵野美術大学の卒業制作展で見た作品のなかでは、清水えり子さんの作品が最高でした。
テキスタイルの作品ですが、3m-5m位の大きな布への作品でした。
ドローイングをパッチワークのようにちりばめ、刺し子の縫い模様は気が遠くなるくらいの作業量で、すごかったです。制作のプロセスをかたちにしたノートがよかった。アートな気持ちで自由に制作しているのですが、タフな意志と
深く触れようとする感覚が清水さんのかたちを作っているような気がしました。
また作品をみたいと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/86-30238a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。