町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TYP展へむけて工房での作業は
typ1.gif


typ2.gif

typ3.gif

typ4.gif

3月2日からのTYP展にむけて
2012.2.17.friday

出展するデザイナー5人がシルクスクリーンの工房に集まる。
作品の校正と刷り直しなどのつめた作業で朝から7人が制作に励む。
神村さんの作品は、シンプルにレイアウト、デザインされていて、文字の大小、美しさ、スペースの緊張感が黒い濃い顔料の文字に集約されていて、横の文字のラインは、細く何度も洗い直すほどすぐ乾きつまりやすかった。
石橋さんの作品は、黒い紙にMONAURAL SOUNDの文字にストライプ四角い図形で高濃度の白でシャープにする、
希望で銀の色でも刷り上げてみる。白も銀もいい。インパクトの強い作品でした。
谷内さんの作品は、最初に版をセットしていてブルーの色刷りを待っていてサンプルを見ながら打ち合わせ、結局
蛍光ブルーの粉末にプロカラーのメジュームを6:4位で混ぜインキを作り刷る。
下地にまず高濃度の白を刷ってからこの蛍光ブルーを刷る。これがとてもいい色で、決まる。
下地の紙の色、白のライン、ブルーの色が軽やかでいい感じでした。
版下も描いたものからの製版で柔らかい質感を感じました。
スギさんの作品は、ストライプのバックの色、うすグリーンのパールの色が昨日までの試し刷りでしっくり感じよくすぐに決めることが出来、文字が微妙に同化したり、うかんだりで面白い作品でした。
西条さんの作品は、ビアンコネロの白い紙と黒の文字は、流れるように表現されていて美しいと思った。
これでいいと思ったのですが、もうひと作品、高濃度の白を二回刷り、つやのある800メジュームをかけて白の上につやのある文字がかすかに、そして、近くによってよく見たくなる作品が出来上がる。
ここに至までに数日間の思考と感覚の汚れのなかで、作業は、続きました。
楽しかった。まだ終わらない今日の興奮は、明日につづいている。
アクリルの上にマットな黒で、文字を刷る。
ビアンコネロの真っ白い紙の上に10種類の文字を刷りたいと思った。
他の仕事と重なってもこれは見たいと思った。
刺激的な一日でした。
黒い文字は、魅力的であやしい色だなと思う。
黒い色を見てると、もっと黒い色に出会いたいと思う。
こんなに文字が美しいと思わなかった。何なんだろう。
今日も激しく歌いたいと思った。体を震わせて。
洗っても洗っても黒い色は布にまとわりつき灯油のプールの中で
しばらく泳ぎまくりようやく黒みが消えていきさらにしつっこく洗い最後に
きれいなウエスで拭き上げるまで倍かかる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bebehiroaki.blog52.fc2.com/tb.php/90-9024e9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【町田のシルク工房から】

3月2日からのTYP展にむけて2012.2.17.friday出展するデザイナー5人がシルクスクリーンの工房に集まる。作品の校正と刷り直しなどのつめた作業で朝から7人が制作に励む。神村さんの作品は、シンプルにレイアウト、デザインされていて、文字の大小、美しさ、スペースの?...
[2012/03/22 01:51] まとめwoネタ速suru

プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。