町田のシルク工房から
シルクスクリーンの版画工房「スタジオウドンゲ」での作品の制作風景、製作現場を一日の生活と気づいたことを織り交ぜながら、ゆっくりとトーキングツリーがはなすようにとどけていきます。http://www.asahi-net.or.jp/~nj9h-wtnb/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OAXACAポスター制作/2014.8.31
oaxacap.gif

OAXACAポスター制作/2014.8.31
papier labo.より制作以来
シルクスクリーン4色刷り
457mm×610mm
デザインがいい。
始めて作る様なメキシカンカラー
アナログ感のある文字が感じいい。
色は、panntone1545u茶、red032u赤、325uブルーグリーン、212uピンク
すべてメジュームが70%〜で彩度が高い。
ほぼ抜き合わせの図形。

oahxaka_aka.gif

oaxaca_blue.gif


0axaca_cha.gif

2014.8.26 夏 コンクリートポエトリー「負の変態」作品制作
fu1.gif

han1.gif

fu3.gif

fu4.gif

2014.8.26 夏 工房にて
向井先生のコンクリートポエトリー「負の変態」
「はひふへほ」の文字、ひらがな、感じ、カタカナの変容がすごい。
向井先生の絵を見る思いがします。言葉がこわされ、徹底してこわれて
何かに向かって再生していくのだろうか、白い紙の間の汚れた襞の様な線は、
呪文の様な声も聞こえてくる。
複雑な神経のようでもあり、てのこんせきでもありひきこまれる。
210cm×122cmの刷り台をつくり万能ホルダーでよこに版をセットし、
90cm×180cmの手透きの和紙にスミ1色、2人で5枚刷る。
油性インキ、版洗いも3人で。
大きい和紙を空間を泳がせながら運ぶ。
blue on blue/そこにおいてみる
bcup1.gif

bcup3.gif

blue on blue/そこにおいてみる
青の薄い色を重ねて転写紙に刷る。
水を通ってコップに流れる。
そとにおいてみる。
WORKS OF SILKSCREEN 2014 JANUARY
121_1.gif

21_2.gif

5_21.gif

3_21.gif

WORKS OF SILKSCREEN 2014 JANUARY
Iさんの布への作品制作
モノタイプの作品、水を含んで乾いてない時の表情は、時と感情がにじみ、時が止まる事を願ってました。
すごくいい作品。
第12回シルクスクリーン作品展に出展
市民ギャラリー1

nuno2_20131206182124d2e.gif


第12回シルクスクリーン作品展に出展

神奈川県麻生市民文化センターの市民ギャラリーで第12回シルクスクリーン作品展に出展がひらかれています。
会期は、12月6日(金)から11日(木)までam10:00~pm5:00
小田急線「新百合ケ丘」駅下車 徒歩3分

シルクスクリーン研究会は、文化センターの市民講座で市民のためのシルクスクリーンの10回の講座をおえて会が作られ、月1、2回の制作作業を実習室でやってきました。今年で、20年位になります。
2年に1度、市民ギャラリーで展覧会をひらき、今度で12回目です。作品は、それぞれの個性で自由に制作しています。十分な設備ではないのですが、工夫をして協力し、刺激しあい制作しています。
僕の今回の作品は、1m×3mの布の作品[CLOTH TO TALK]が3点、1m×1mの作品[LEAVES OF GINKGO]が1
点、和紙に制作した作品[PIECES OF MIND,MENTAL FABRIC]が2点です。
入り口の奥に3mの布のタペストリーは、ハレの空間全体が明るくなっていて、強いエネルギーと詩を感じました。気持ちよく、たのしい制作でした。ぜひあいにきてください。



プロフィール

bebehiroaki

Author:bebehiroaki
AKI'Sブログへようこそ!
シルクの工房のインクや紙、道具に囲まれて時間が流れていきます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。